鑑定書なしのダイヤモンドは高く買取ってもらえない?

ダイヤモンド買取を依頼するうえで査定基準の一つになるのが鑑定書の有無です。鑑定書にはダイヤモンドの情報が記載されています。しかし場合によっては鑑定書が手元にないというケースもあります。

 

そこで気になるのが鑑定書なしのダイヤモンドでも高く売れることはあるのでしょうか?
さらに鑑定書のタイプや鑑定書を発行している組織、鑑定書の有無が見積額にどれくらい影響を与えるかについて解説します。

ダイヤモンドの鑑定書とは?

ダイヤモンド買取をする際には、鑑定書があった方がいいとよく言われています。しかし、日常生活の中でダイヤモンドを装着するときに鑑定書のことを考えることはほとんどないと思います。

 

ダイヤモンドの鑑定書とはどのようなものなのかご存知ではない方もいるかもしれません。ここでは最初にダイヤモンドの鑑定書とはどんなものなのかをご説明します。

ダイヤモンドの鑑定書から得られる情報

ダイヤモンドの鑑定書から主に以下の情報が得られます。

・ダイヤモンドのカラー(色み)
・ダイヤモンドのカット(形状)
・ダイヤモンドのカラット(質量)
・ダイヤモンドのクラリティー(透明度)
・硬度
・左右のバランス
・発光状態

鑑定書には査定員がダイヤモンドを診断した階級が記載されています。鑑定書を見ることで
そのダイヤモンドの大まかな特徴を知ることができるので、査定の際の重要なツールとなります。

ダイヤモンド買取における鑑定書の重要性

鑑定書は、動物でいうところの血統書のようなもので、ダイヤモンドの特徴を記載し品質を裏付ける書類になるので、鑑定書があるかどうかというのは査定基準に含まれます。

 

そこで気になるのは鑑定書の有無がどれくらい買取金額に影響するのかということですが、これについては買取店によっても大きく変わってきます。

 

ですが、鑑定能力が高い査定員がいる買取店では、鑑定書を鵜呑みにして見積もりを出したりはしません。

 

発行する期間によって鑑定書の権威性も異なりますし、また多くの鑑定書は2年間が有効期限になっているので、実際には査定員の裁量で査定金額を算出することが多いです。

 

確かに鑑定書があることでダイヤモンドの品質を保障することが可能ですが、鑑定書がなくてもダイヤモンド自体の価値が低下したりすることはありません。

鑑定書なしでもダイヤモンド買取は可能

まとめますと、ダイヤモンド買取では、鑑定書があるに越したことはありませんが、鑑定書なしでもそれほど悲観的になる必要はありません。有能な査定員は、自身の鑑識眼でそのダイヤモンドの持つ価値を正しく評価できるからです。

 

もちろん、すべての査定員がダイヤモンドの買取を専門にしているわけではないので、このようなダイヤモンド買取店に依頼をする際には、鑑定書があった方が理想的です。買取金額に大きく影響することがあります。

 

また、鑑定書は再発行してもらうこともできるので、初めに買ったお店に問い合わせて鑑定書を再発行してもらった上で買取に出すようにしましょう。(参考:鑑定書がなくてもOKなダイヤモンド買取店)